読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベンゼンとジャニーズに溺れて

ジャニヲタ(嵐/NEWS/ジャニーズWEST)兼ディズニーヲタの理系大学生♀

真鳥くん拗らせて体調崩した話

ジャニーズ

4/7、何の前触れもなく突然、真鳥くんがしんどくなった。
推し以上担当未満って感じ。でも確実にしんどくなった。

語彙力が指数関数のように右肩下がり。

「まとくんしんどい」しか呟かない私のツイッター

ジャニヲタの従姉とお話してるときも「まとくんしんどい」。

終いには「まとくん私のヒモになって」「まとくんにとって都合のいい女になりたい」

真鳥くんの画像、動画を見続けてしんどいと嘆くそんな日が数日続いて、4/8-9。


ジャニヲタ界隈ではデジチケによる地獄絵図が話題になっていた頃。
私は、思いっきり喉風邪をひいた

思い当たるヤツが一人しかいない。


驚くかもしれないが一つも盛っていない

自分でもまさか体調崩すなんて思ってなかった。まとくんやばい。



そんなまとくんデレ期に見つけたこちらの記事


uraokaya.hatenablog.com


まぁ、そりゃ、やるよね



f:id:s125s711n730:20170412181354p:plain
f:id:s125s711n730:20170412181645p:plain


私多分、真鳥くんにリア恋とか理想のカレピッピとかじゃなくて、ただただクズでいて欲しいのかもしれない

これからは少し真鳥くんにも目を向けて生きていこうと思う。
前までじーこと丈くんしか目向けられてなかった。関Jr.にもっと目を向けていきたい。

大学生活早々、ジャニヲタがバレた。

ジャニーズ

4月1日なので入学式はまだですが、大学生になりました!
そしてジャニヲタがバレました!やったね!


私の大学は入学式前にも関わらずガイダンスやったり教科書販売やったりでなんやかんや大学通いしてるんですよ。
その中でLINE交換したり、一緒に食堂行ったりしてお友達増やしてるんです。

そんで今日、学部学科ごとに集まって配付物渡したりしてる時に学科の女の子ほぼ全員をLINEのグループに入れ、一気に友達25人
お友達増えました。
友達の出身地聞いたりなんなりして。

京都出身の子がいまして。


友1「ここ都内だから訛ってると聞き取りづらいからなぁ…ちょっと心配…」

私「私のおばあちゃん大阪出身だから!ネイティブ聴いてるから大丈夫!」

友1「え、じゃあ関西弁しゃべれるの?」

私「いやさすがに関西の方に怒られちゃう…けど」

私「好きなアイドルが関西の人だから!」



前を歩いていた友達が振り向く

友2「…ジャスミン?」

アイドルって言ったら、女子ドルとか他の関西出身のアイドルもいるじゃん…?ご当地アイドルかもしれないじゃん…?たとえジャニーズだと思ってもエイトもいるじゃん…?
なぜジャニーズWESTに絞る

私「………………………(ものすっごい間)…………………………………そう」


こうしてジャニヲタがバレた。悪い気はしない。
なんなら友2はJr.担だった。真鳥くんの話で盛り上がった。真鳥くんいいよね。

ジャニヲタは楽しい。

キラキラしてる君が好き

ジャニーズ

私はキラキラしてるものが好きだ。

物理的なキラキラではなくて、オーラの1つとしてのキラキラ。


だから私は、ディズニーのショーパレが好きだ。
踊っているダンサーとキャラたちが好きだ。
宝塚が好きだ。
俳優が好きだ。
女子ドルが好きだ。
声優が好きだ。
アニメが好きだ。
アーティストが好きだ。



そしてジャニーズが好きだ。



歌が下手だろうと、ダンスが下手だろうと、喋りが下手だろうと、ちょっと塩対応気味だろうと、ステージの上、テレビの向こう側の彼らはキラキラしている。物理的にも、オーラ的にも。


プライベートなんてどうでもいい。人間としての表裏なんてどうでもいい。

どうでもいいから、

ファンの前では、キラキラしてて。





Q:これを下書きで見つけた私の気持ちを100字以内で述べよ







A:痛い。


多分夜中のテンションで書いてたのかな…あんまり記憶にないや…。
ちょっとナイーブになってる時の下書きだなこりゃ。


今は「顔面がかわいいからなんでもいい」です。

いい締めが見つからない。

ジャニーズと自担と私4

ジャニーズ

前回、前々回、さらに前の記事はこちら

ジャニーズと自担と私 - ベンゼンとジャニーズに溺れて
ジャニーズと自担と私2 - ベンゼンとジャニーズに溺れて
ジャニーズと自担と私3 - ベンゼンとジャニーズに溺れて




Kちゃんの鬼のプレゼンのセンスが凄かったからなのかな。

手始めにVIVID見せてきたんですよ。
手始めにVIVID!?贅沢かよ!!って思うでしょ?今の私は思う。けどハマらなかった。どんだけ強靭なんだあの頃の私。

多分Kちゃんはこれならハマると思ったのかな…?
でもハマらなかったから、趣向を変えて次の手に出た。


ジャニーズWEST日本昔話


すっごい面白かった。今もめっちゃ好き。
最近少クラ見てないけど。
桃太郎とかさ、見せてもらって。


これで、



まさかの、



ハマった。
ヤバいこの子たちヤバいって。(語彙力がない)


そんで割りとすぐに自担が決まった。
決定的瞬間はシンデレラのあの名シーン




(‘・エ・`)「妖精の陽水です」


これです!!!!私は確信した!!!!(2回目)

そんな訳でこんなアホみたいなジャニヲタができました。

長くなって申し訳ございません。正直こんなに長くなるなんて思ってもみなかった。
しかも連日投稿してるからコイツ暇なんかな?とかお思いでしょう。
その通りです

大学生活始まったらこんなに連日投稿することもほとんど無いと思うんですが。
お付き合い頂きありがとうございました。うまくまとまりませんが、今後ともよろしくお願いします。

ジャニーズと自担と私3

ジャニーズ

 前回、前々回のお話はこちら

ジャニーズと自担と私 - ベンゼンとジャニーズに溺れて

ジャニーズと自担と私2 - ベンゼンとジャニーズに溺れて

 

KちゃんジャニーズWESTにハマろう」

 

…誰だってさ、突然こんな事言われたら何言ってんだろコイツって思うよね、普通。

じゃにーず…うえすと…?ってなったんだよ。私。辛うじてジャニーズだってことはわかった。当たり前か。

事務所の所属グループはセクゾまでは知ってたんだ。従姉妹がセクガルだから。

嵐再熱してからは他Gのこともちゃんと耳に入るようになったし少し興味も持ったりしたんだ。でも知らなかったんだ。ジャニーズWESTを。

そしたらさ、Kちゃんからのプレゼンの嵐。ずーーーーーーーーーーっと一緒にいるからさ、ずーーーーーーーーーーっとプレゼンしてくれるの。

でもその頃は掛け持ちしたくなかった。

金が無いから。

うちお小遣い制度じゃなかったんですよ。申告制で、親に逐一報告するんですよ。〇〇が欲しいので何円くださいって。罪悪感半端なくて。

でもKちゃんは私に掛け持ちさせようとしてきて、すごかった。

だからどうにかプレゼンが終わる方法を考え、見つけた。

 

掛け持ちをしよう。

さっきまでの考えはなんだったのか。

 

丁度他Gにも目を向けてるから、これしかなかった。

まぁでも、恋と同じで、掛け持ちはしようと思ってもできないわけで。

暫く嵐一本で生きてた。

 

 

 

そんなある日曜日、相葉さんが出るからって「トーキョーライブ22時」を見ていた。

その日は小山さんの回で、特に見たいと思う番組も無かったからそのまま見続けてた。

小山さんは番組内でタバスコ味噌汁を飲んでいた。

 

"この子…できる…"

 

確信した。この子はできる子だ。(誰目線)

小山さん…NEWSだ…every.の子だ…

カイジのようなざわざわ感。急にNEWSが気になり出す。調べ出す。

 

 

 

シゲアキさんに落ちる。

寧ろ何故この流れで小山さんに落ちなかったんだろう。

 

でも、真面目に、ストレートに、好きになったんだ。

青学卒で頭も顔もスタイルもパーフェクトなのに神に運動神経奪われてて割りとネガティブでサブカルで軽く中二病拗らせてそうでなんて私の好みドストレートなんだ無理だ好きだ。

そんでもってリア恋拗らせた。

こうしてNEWSを掛け持ちしてしまった。後悔はない。

 

でも、それと同時にすごい沼にも引っ掛かりかけていた。

 

 

 

ジャニーズWEST

 

私はまだ、この子達の恐ろしさを知らない。

 

まだ続く

 

ジャニーズと自担と私2

ジャニーズ

前回までのお話はこちらです

ジャニーズと自担と私 - ベンゼンとジャニーズに溺れて


もっと簡潔にまとめようと思ってたのですが、そんなこと私にはできませんでした。
理系だもの。国語の偏差値は60いったこと無いぞ多分。

中学2年生、私はアニヲタになった。
嵐のことなんてまるで頭に無く、黒バス、銀魂テニプリ、その他アニメの毎日だった
友達の影響で。
私って影響されやすいんだなぁ。
あの頃は大層狂ってたし今事細かに思い返すと痛々しくて目も当てられない。
これがホントの中二病。とてもでっかい黒歴史パンドラの箱に仕舞いたい。


そんなことはどうだっていいんだ。ここからだ。

時は流れて中学3年生。
アニメを楽しみながら受験に成功なんてできないのに無理やりやった。案の定高校受験に失敗して、夢の公立高校とはかけ離れた某私立高校に進学した。

なかなか乗り気じゃなかった高校生活がスタートした矢先、友達ができた。
この子は後に私の人生を大きく狂わすことになる(ジャニヲタ的に)。Kちゃんとしよう。小山じゃないよ。

Kちゃんはアニヲタだった。そしてジャニヲタだった

Kちゃんと私はとにかくずーーーーーーーーーーっと一緒だった。クラスも一緒。移動教室先も一緒。趣味も一緒。
最初はアニメの話題で話しかけた筈なのに、気がついたら嵐の話ばっかりで、1日嵐の話だけで終わったこともあった。
どうやら彼女も嵐のことは暫くお休みしていたらしいが、二人して再熱した。やっぱり影響されやすい。
数ヶ月経過してジャニヲタの友達もそうでない友達もそこそこできた時、友達に言われた。


「そういや誰担なの?」


箱推し、とは言わなかった。いや言えなかった。
嵐に再熱してから気がついたけど、私、翔さんにばっかり可愛い可愛い言ってる
他のメンバーにも結構言ってるけど圧倒的に翔さんに言うことが多い。
これはもう櫻井担じゃん。


こうして私は自分が櫻井担だと気がつき、櫻井担として生きていくことが決まった。
心なしか私物も赤いものが増えていった。

そして高校生活にも慣れた高校1年生の夏から秋頃(曖昧)。Kちゃんが私に向かってこう言った。




ジャニーズWESTにハマろう」


まだ続きます

ジャニーズと自担と私

ジャニーズ

名曲*1のタイトルのオマージュ失礼しました。

私が完全なジャニヲタになるまで、そして自担ができるまでを書いていきたいと思います。


ジャニーズ自体の認識は随分小さいときから知っていた。そりゃ天下のジャニーズ様だもの。
小学校の時はSMAPの『Shake!』でダンスの発表をしたし、修二と彰も踊ってた。
しかしこれだけの機会があったにも関わらず、あまり興味は無かった。
保育園、小学生低学年の頃の私はむしろB'zにハマっていた。完全にB'zファンの母親の影響である。胎教に裸足の女神*2とか使ってたとかなんとか…。
今気がついたけどB'zが好きな小学生って全く可愛げが感じられない

そんな私がジャニーズ(というか嵐)に興味を抱いたのは小学5年生の夏。

学童の年上のお友達二人が話しているところにいれてもらったときのことだ。
二人は仲良さげに楽しく話をしている。が、私には何一つ話してることが理解できなかった。
なんせ彼女たちが話していたのは嵐の話だった。しかもカップリングの曲。初心者からしたらなかなか難易度が高い。

その事が、なんかちょっと悔しかった。
もともと負けず嫌いであることに加え、私の知らない話で“二人だけで”仲良くしてるのが、思春期の入口にいた私には面白くないと感じられたのかもしれない。なんと短気だ。やっぱり可愛げがない。

家に帰ってから、それはもう調べた。二人の会話に入りたくて。YouTube、ニコ動、Wikipedia等を駆使して、ひたすら知識を吸収した。何も知らなかった私が、真夜中の嵐から嵐の宿題くんまで全部吸収した。若さってすごい。


そうこうしているうちに、出会ってしまったのだ。

Attack it!*3に。

これは私にとって大変大きな転機だ。

初めて聴いたときのあの感情は今でも忘れられない。

疾走感のあるアップテンポのかっこいい曲調と良い意味でアイドルらしからぬガンガンにイケイケの強すぎるラップ。
一番衝撃的だったのは作詞:櫻井翔外野の言葉はシカトするというところ。アラシックさん大好きなあそこです。
品行方正でいつもニコニコしてるという今までの私のアイドルに対する固定観念をブチ破ったこのセリフ。
最高にROCKだ。
控えめに申し上げて最高。

この時にはもう私のハートガッツリ頂かれてた。反省も後悔も何一つしてない。
ハマってからはもうトントン拍子に事が進んでいった。
FC会員になり、コンサート*4にも当たり(しかも国立競技場)、ワクワク学校にも行った。
母親も私の影響で嵐が好きになり、さらに父親、妹も好きになっていき、一家みんなでアラシック。
私は嵐と共に、小学生、中学1年生を過ごしていたのだった。




そして中学2年生になったある日




私はアニヲタになっていた

続く

*1:部屋とワイシャツと私

*2:B'z13作目のシングル

*3:嵐ベストアルバム『All the BEST! 1999-2009』通常版ボーナストラック

*4:ARASHI 10-11 TOUR "Scene"〜君と僕の見ている風景